地域

タロット・手相占いの林レイコ先生にインタビューを行いました。

更新日:

林レイコ先生に占って貰う

\タロット・手相占い/
林レイコ先生にインタビュー

タロットと手相はどうやって習得したのでしょうか?
林レイコ先生
どちらも先生から教えてもらいました。

とはいえ、どちらも学びは尽きないし、鋭意勉強中です。


編集長
その先生方とは?
林レイコ先生
タロットを教えてもらったのは福岡の井上桜子先生。

タロットは独学でできると思っていたし、実際、できると思います。

けれど、師がいるというのはソコじゃないのですね。

なんというか、安心感。

何かがあっても、相談できること、これに尽きます。

井上桜子先生のHPはこちら

編集長
現在進行中の手相を教えてもらっているのは、天導道 希心先生。

タロットで師が必要なのは経験済みでしたので。何度か手相体験講座にも行きました。

…が、「この人好き」な感覚が生まれず、ネットの海を泳いでいたら、希心先生の灯台を発見。

クロールで泳ぎ着きました。

師の目ヂカラがハンパないので、「心が汚れている私には見えない線ではないのか…」と言い訳しつつ、日々学んでおります。

天導道希心先生のブログはこちら

占いをはじめて良かったことは何ですか?
林レイコ先生
年齢・性別を問わず、さまざまな方と交流ができることですね。

これは、営業職やサービス業でない限り、得られない感覚です。

また、今までの経験がすべて生きると思いました。

誰と会った、どこで仕事をした…などなど。

私は海外にいたこともあり、外国人と仕事をした経験もあります。

もちろん、時代も違うし、だからなんだ…と思うけれど、その小さな体験さえも鑑定の土台に組み込まれているのではないかな。


編集長
大変だったことはありますか?
林レイコ先生
大変と思ったことはないのです。

勉強が足りないなぁ〜、またここで躓いたとか、反省点は多々あります。

けれど、辛い、キツイ…と思っていても、ギブアップしないってことは、大変という感情よりも興味が上回っているからなのでしょう。

タロットと手相の魅力を教えてください。
林レイコ先生
タロットはものすごく自由です。

絵柄を見てインスピレーションを使い読める。ルールがあるようでない。視覚から入る情報が多いから、相談者自身も状況がわかりやすい。グラフィックの力はすごいと思います。

でも、制約がないか…というと、そうでもなくて、ただ自由奔放に読めばいいってわけではない。ゆる〜い枠がある。

その枠を鑑定にどう活用できるか、瞬時に感じて言葉をつむぎだす。

目についた色や数字に意味があったり、本当に奥深いです。


編集長
手相の魅力的な部分はどんなところでしょうか?
林レイコ先生
手相は、ご本人のこれまでの流れと未来を手の形、丘、線で読み取れるのが面白いですね。

併せ読みが難しいけれど、手にはしっかり刻まれているのでスゴイと思います。

相談者様にとって身近な応援団かな。

また、手相には星と関連する丘があります。

これがタロットにも通じています。

私は、手の形や丘を星が持つ印象から学びをスタートしているので、余計に思い入れがあるのかもしれません。

これまで何名ぐらいの方の相談を受けてきましたか?
林レイコ先生
多分、3000人以上は読ませていただいたのではないかな。

占い師になったばかりの頃は電話占い会社にも所属していたし、イベントにも積極的に参加していたので、途中まで人数は数えていたのです。

けれど、元々ズボラな性格が災いして、それ以後は曖昧なまま今に至っています。

編集長
コロナの影響で相談内容に変化はありましたか?
林レイコ先生
コロナの影響で相談内容に変化はありません。

鑑定のお部屋掃除が大変になったのと、以前はカードに触れてもらっていましたが、今はナシ。

影響だけで考えると、私自身の取り組みだけですね。

占い師としての失敗談はありますか?
林レイコ先生
失敗談はたくさんあります。

ただ、これは失敗というよりも「絶対に忘れてはイケナイ」と刻んでいる心得になっているのです。

どちらも駆け出しの頃の経験なのですが、私の広辞苑「心がけ」欄に、2つはわかりやすく例題が書いてあります。

編集長
よろしければ、その2つを教えてください。
林レイコ先生
ひとつは鑑定料。

今は「前払い」にしていますが、最初の頃は「後払い」にしていました。

私は自分で言うのもアレですが、基本いい人です(^^ゞ。

世の中に「お金を払わない人」が存在するとは考えたことがなかった。

自分のエネルギーを全部総動員してカードを読む。

まさに、身を削っている状態なのですね。

それには対価がないと、と思っているから「連絡しても払わない」「払ったとウソをつく」というのに、3回は騙されました。

いやぁ〜お人好しもここまでくればバカです。

気づけばいいのに信用しちゃって。

いまでも、その人たちの名前は書き留めているし、絶対に出来事を忘れてはいけない、と肝に銘じています。

編集長
もう1つは何でしょうか?
林レイコ先生
ふふふ…もうひとつは、お客様から怒られたこと。

これが失敗ですね。

電話鑑定を行っている最中、よかれと思って自分の経験を少し話しました。

そうするとソッコーで「あなたの話は聞いていない」とピシャリ(T_T)。

いや、ほんと、ごめんなさいと平謝りでした。

枠がある中でご相談を受けているのだから、主役は相談者様、私は占い師、と心に刻みました。

おすすめの鑑定メニューとおすすめポイントを教えてください。
林レイコ先生
電話鑑定、メール、チャット、対面と、ご希望に応じた方法で鑑定可能です。

Zoomはまだトライしていないので、今後に…と考えています。

私はすべて読みますので(生死や合否、賭け事など禁忌意外)、質問はなんでもオッケーです。

メニューも時間で分けているだけで、それ以外はナシ。

林レイコ先生
恋愛のご相談もありますが、お仕事に対して質問をお受けすることが多いですね。

自分もまたそれが得意になっていると思います。

とくにカードで細かく読めるので、コンサルのようだと言われることもしばしばです。

林レイコ先生
まだ、実装予定の手相を導入することで、長いスパン読むことが可能になると思います。

先に書いていますが、手にはご本人の歴史が刻まれています。

私はその歴史を事細かく見るというより、大きく流れを読み、転換期の年齢、そしてその時の過ごし方をカードで伝える。

早く実装できるように、現在鋭意勉強中です。

編集長
では、その他の鑑定中以外のことでアピールポイントはありますか?
林レイコ先生
リアル鑑定もいいけれど、鑑定書も高評価をいただいています。

ちょっと時間がかかるので、即対応はできません。

けれど、ご本人のトリセツとして何度も読んでもらえるよう、見せ方、書き方に工夫しています。

鑑定の際、大事にしていることや気を付けていることはありますか?
林レイコ先生
一番大事なのは「お伝えする言葉」ですね。

対面のときは、その方に合った言葉を使うことを意識しています。

状況や年齢、性別などなど。私は「例えがわかりやすい」とご相談者様に褒められるので、そこは自分でも大切にしていきたいところです。

林レイコ先生
また、私と話すことで明るく、楽しい雰囲気になると言われます。パワーをもらえる…と。

こちらも意識したことはないけど、一緒にいることで気持ちが晴れるなら、すごくうれしい。

レイコさんに会いたい…と来てもらえるのも熱烈歓迎です。

編集長
その他はありますか?
林レイコ先生
あとは、鑑定に入る前のルーティンです。

掃除は当たり前ですが、カードを拭いたり、部屋の浄化を私なりに行っています。

ご相談者を迎える準備ができたらチベット仏教で使うティンシャで「始まり」を部屋に告げます。

そして、全ての鑑定が終わったら、再度ティンシャを鳴らして部屋に「終わり」の報告。

ティンシャは浄化の意味がありますが、私は平常心を保てるよう…という、おまじないみたいなものかな。

他の占い師さんに負けない!という先生の強みを教えてください。
林レイコ先生
強みというと、鑑定書の見た目、つまりレイアウトです。なんじゃそれ…と思われるかもしれませんね。

私は過去にグラフィックデザインを生業にしていたので「見た目」がものすごーーーく気になる。

もちろん鑑定書なので内容が大事なのは承知していますが、読みやすい鑑定書を作りたい、と個人的に思っていました。

林レイコ先生
なので、キャッチコピー、小見出し、本文、図解説明、遊びのイラスト(自分で描いたもの)これらを駆使して鑑定書を仕上げています。

時間はかかりますが、ここはデザイナーの道を歩いた者として「なんでもいい」とは言えない(^^ゞ。

鑑定書はご相談者様のトリセツなので、トリセツは読み返す楽しさが必要です。

もっと、もっと楽しいオリジナルのトリセツを作ってお渡ししたいです。

深夜イラストレーターやPhotoshopを使っているとき、「何をやってんだ?」と苦笑いしちゃいますけど、何度も読んでもらいたいので、そこは手を抜けません。

編集長
「見た目」以外に気を遣っているところなどはありますか?
林レイコ先生
文章の書き方にもかなり気を遣っています。

対面はご相談者様とのキャッチボールが成り立ちますが、鑑定書は違います。

アプローチ方法を駆使し、どう書けば伝わるか、そしてちょっぴり笑いを入れるには(←私的には重要)…と、こちらも占い知識や技術とは違うところで力を入れています。

鑑定書のサンプル画像

先生の今後の目標・夢を教えてください。
林レイコ先生
「レイコさんがいい」と言われる占い師が目標です。

悩んだときに、一番に思い浮かぶ存在でいたい。友だちではないけど、この人と会うと明るい気持ちになれる…そんな立ち位置が目標です。

もっと間口を拡げて、ライティングやイラストなども、「これしかできない」ではなく「これもできる」人になりたい。

地道な努力しかないのですけど^^

最後にこのインタビューを見ている読者にメッセージをお願いします。
林レイコ先生
ともかく行動しなくちゃ、引き寄せたい未来は手に入りません。

例えそれが本意でない答えだったとしても、それを知るには一歩進むしかない。

そのお手伝いができたらいいな、と思っています。

林レイコ先生に占って貰う

詳細情報

※天然石魔女ハウス様の鑑定室の様子

鑑定スタイル 対面・電話・チャット鑑定
メニュー・料金 【対面鑑定】
40分4,000円
60分6,000円
延長1分100円

【電話・チャット鑑定】
対面鑑定と同料金になります。
お支払いは前払いです。
鑑定場所(対面鑑定) ・メイン:自宅(高宮駅から徒歩約15分)
時間:12時~18時(主に土日祝)

・その他:天然石魔女ハウス
住所:福岡県福岡市南区清水1丁目16-14-102
電話:092-518-9947
※鑑定スケジュールは林先生にお問い合わせください。
得意な相談内容 恋愛、仕事など
公式 HP
Twitter
お問い合わせ先 info365go@gmail.com

林レイコ先生に占って貰う

-地域

Copyright© 電話占い当たるおすすめランキングTOP10!調査結果を大公開! , 2021 All Rights Reserved.