当たる電話占い画像ヘッダー

コラム記事一覧

電話占い依存を脱却するには?

更新日:


従来の占いは、対面式鑑定を受けるために営業時間内に占い館を訪れる必要がありました。

電話占いは、自宅にいながらにして占い鑑定を受けられるので、営業時間が長くいつでも占い鑑定を受けられます。

利便性が高く対人恐怖症ぎみの人であっても、電話占いならば手軽に利用できる分だけ抜け出すことが難しくなりがちです。

しかし、全ての電話占い利用者が依存症になるほけではなく、全体から見て一部の人のみが電話占いに依存する傾向があります。

最も問題となるのは、本人は依存していることに気が付かずにいることが多いので、まずは電話占い依存をしているか確認することが大切です。

悩みがあるからこそ電話占いを利用することで解決しているわけですが、本当に解決出来ているかどうか疑問に思うことが依存からの脱却には必要であって、最終的には本人が依存に気付くことが重要です。

電話占いを依存している人の悩みとは?

電話占いに依存している人は、人間関係に悩んでいる傾向が多いので、どうしたら好意的に捉えてもらえるのか心配しがちです。

対人関係が上手く行かないと困ると考えていたり、相手の気持ちが理解できないと嫌だという思いから、自分で予測した範囲外の行動や言動を取る相手がいると、すぐに相手がどういう心理状態にあるのか占ってもらいたいと悩んでしまいます。

相手の気持ちを自分で予想した結果と、占い鑑定結果が一致すると安心できるので、占い師と共感出来る関係を望んでいます。

不安な気持ちになった時に、相談できる友人が少なければ1人で抱え込んでしまうので、相談相手が欲しい時に電話占いならばいつでも鑑定してもらえる手軽さがあります。

電話占いを始めた頃は、一旦自分な悩んだ上でどうしても解決方法が見つからずに、占い師へ相談してアドバイスをもらうことが多いです。

しかし、手軽に占い師からアドバイスを得られるようになると、自分で悩んで考えるよりも最初から占い師に聞いた方が、適切な回答を得られて楽に感じるようになります。

次第に自分では結果が分かっていても、確認のために電話占いを利用してしまうことが増えるので、悩み自体の解決方法が分からない状態から、自分の意見が正しいと確認するために利用するようになります。

電話占いに依存するとどうなるのか?症状など


電話占いに依存してしまうと、自らの頭で考えて行動することが難しくなりがちです。

なぜなら、日常生活で選択を迫られた時に、自分で選択肢を選ぶよりも電話占いで聞いてしまった方が早いと考えるようになります。

しかも、既に自分の中では答えが出ていても、占い師へ相談するようになり、相談した占い師が自分で思い描いた回答を行うまで鑑定を続けてしまい、次第に鑑定時間が長くなる傾向があるわけです。

また、1日に電話占いサイトへかける電話の数が増えて、何人もの占い師へ鑑定依頼してしまうことが多くなります。

1つの悩みに対して複数の占い師へ鑑定依頼して、同じ回答だったとしても別の占い師へ更に同じ相談をしてしまう例が多いです。

最初は電話占いに対して慎重な姿勢だったとしても、1回の相談時間が長くなり相談回数も増えるようになると、自分で考えることを止めてしまい思考停止状態に陥ります。

1つの電話占いサイトでは満足できなくなると、他の電話占いサイトへも登録を行い、全く異なる占術式が出来る占い師へ鑑定依頼してしまいます。1週間に1度だった電話占いが、1日に数回に到達する頃には支払いも厳しくなってくるはずです。

1つの電話占いサイトで料金滞納を行うようになると、占い師から鑑定してもらえなくなるので、次々と電話占いサイトを変えて鑑定依頼を行うようになります。

借金してまで電話占いを止められない状態になれば、第三者の目から見ても依存状態にあると分かります。

しかし、電話占いに依存している本人は、占い師との通話に対して生き甲斐を見出しているので、占い師のアドバイス無しでは生きて行けないと考えてしまう時点で重度の依存症と考えられるわけです。

依存してしまう原因とは?

電話占いに依存してしまう原因は、本人の性格にあると考えがちですが、実際には別の2つの理由から誰でも電話占いへ依存してしまう可能性があります。

具体的には、当たらない占い師に相談してしまった場合と、電話占いがいつでも好きな時に利用できる環境が、電話占いへ依存してしまう原因です。

まず、電話占いサイトに登録している占い師は、占い鑑定能力にバラつきがあるので、当たらない占い師に当ってしまうと悩みを一回の鑑定で解決出来ないわけです。結果として、何度も同じ相談を占い師に行ってしまうことになり、繰り返し通うことで電話占いに依存します。

本当に当たる実力ある占い師ならば、悩みを1度鑑定しただけですぐに解決方法を導き出せるので、繰り返し同じ内容の鑑定依頼を行うことがありません。

次に、電話占いならば対面式占いとは異なり、いつでも好きな時に鑑定依頼が自宅にいながら出来てしまうので、手軽さゆえに占ってもらう必要が本来ならば無いはずの自己解決可能な相談事まで占いに持ち込んでしまいます。

占い師は鑑定依頼を受ければ占うしかないので、当たらない占い師ほど相談者をぬか喜びさせて依存度を高めてしまいがちです。スマートフォン1つで手軽に電話占い鑑定を受けられることが、電話占い依存に拍車をかけています。

電話占い依存から脱却するには?

電話占いに対する依存を解決する方法は数多くありますが、少なくとも次の4点に注意すれば依存を解決可能です。

当たるだけでなく解決する占い師へ相談する

電話占いに対する依存を解決したいと考えた時には、単に鑑定結果が当たるだけでなく悩みを実際に解決できる占い師へ鑑定依頼すると良いです。

過去のことを言い当てられる占い師ではなく、未来に起きることを言い当てることが出来る占い師を見つけることを優先します。

未来の出来事を言い当てられる占い師ならば、悩みの解決が1回の占いにより出来るだけでなく、現在の日付よりも未来の日付が訪れるまでは鑑定結果が当たっているか分かりません。

必然的に鑑定回数を減らせるわけです。時には究極の質問として、「電話占いに依存していると考えられるのでどうしたら良いですか?」と占い師に聞いてみると、解決出来る占い師かすぐに分かります。

回数と時間を決めて電話占いを利用する

電話占いに対して依存状態にある状態から脱却するためには、一気に電話占いを断つことはせずに1週間に何回という形で回数を決めて、1回に相談する時間も制限を設けると良いです。

電話占いサイトを利用する回数と時間を決めた上で占い鑑定を受ければ、依存症かの脱却と同時に自分をコントロール出来るようになります。

1人の時間を作らない

電話占いサイトは、1人になった時に電話してしまう傾向が強いので、1人になる時間をなるべく作らないことが重要です。

友人を作り家族がいれば協力してもらい、常に自分の周囲に誰か1人でもいる状態を作れたら、電話占いサイトへ悩みを相談する回数が減るはずです。

1人でいるからこそ無駄に考え込んでしまったり、不安な気持ちに襲われるので、常に誰か身近な存在の人と一緒にいられたら良いと考えるはずです。

PCとスマートフォンを使わない趣味を作る

何もすることが無く、暇な状態でインドア生活を行うと、時間を持て余して電話占いサイトで占い師に話を聞いてもらいたくなってしまいます。

PCとスマートフォンを使わずに熱中できる趣味を1つ作るだけでも交友関係に変化が訪れて、1人で悩みを抱え込む機会が少なくなるわけです。

サイクルロードレースに興味関心があれば、同じ趣味を持つ者同士で自然と集まるようになり、アウトドア派へと切り替えに成功する可能性もあります。

ジムや水泳だけでなくサイクルロードレースといったスポーツに熱中すれば、今まで悩んでいたことも小さなことのように思えてきます。身体を激しく動かすことは、汗をかいて心身共にリフレッシュ可能です。

まとめ

身近な存在となっている電話占いサイトは、自宅にいながらにして24時間いつでも占い師へ鑑定依頼出来る手軽さがあります。

しかし、当たらない占い師へ相談してしまうと、鑑定精度が低いために的外れなアドバイスしか出来ずにぬか喜びだけして、再度鑑定依頼を行ってしまいがちです。

占い師選びは、鑑定結果が当たっていることではなく、解決方法を導いてアドバイスしてくれるかが重要です。

占い師に対して依存しないためにも、1日に何度も占い依頼したり鑑定料金を支払うために借金する状態ならば、無理に占い鑑定を断たずに段階的に占い師へ依頼する数を減らして行けば解決出来ます。

未来のことを占ってもらい、実際に未来の日付になってから当たっているか検証すれば、常に冷静に鑑定結果を受け入れることが出来るはずです。

電話占いを利用しなければ解決困難な悩みと、自分で容易に対処可能な悩みの切り分けを行うと良いです。

-コラム記事一覧

Copyright© ガチ調査!よく当たる電話占いランキング!当たる先生はこの人! , 2018 All Rights Reserved.