地域

タロット占い「しおさい堂」のあん茉莉安先生にインタビューを行いました。

投稿日:

あん茉莉安先生に占って貰う

あん茉莉安先生にインタビュー

占い師になったきっかけは、友達の薦め
編集長
まず初めに、なぜ占い師になろうと思いましたか?
あん茉莉安先生
大学生になってアルバイトを探す時に、友達が占い師という仕事を薦めてくれたのが直接の切掛です。

そもそも、占いが好きでした。

編集長
占いが好きとのことですが、占いとの出会いは何でしたか?いつ頃から占いをするようになりましたか?
あん茉莉安先生
私が最初に占いをしたのは10歳の時で、占術はダウジング。

今思えば無謀ですが、遊び半分で色々なことを占ってみたのが最初です。

遊び半分とはいえよく当たりました。

その頃既に、友達からの相談は山のように受ける子どもでした。

編集長
子供の頃から相談を受けていたんですね!ちなみに、どのような相談を受けてましたか?
あん茉莉安先生
当時の小学生ですから、相談ごとのほとんどが友達関係です。

兄弟関係、家族関係というのもありました。

私立の厳しい小学校に通っていたので、悩んでいる子も多かったのだと思います。

当時の友達が今でも、話しているだけで気持ちが落ち着くから会いたいと言ってくれます。

10歳当時から、30年近くも変わらない、私の性質なのでしょう。

編集長
仕事として占い師になろうと思った決め手は何でしたか?
あん茉莉安先生
中学に入ってタロット占いを始めましたが、仕事として占い師を薦めてくれたのは、その頃からの友達です。

自分を活かしたいという気持ちもあり、誰かの役に立ちたいという気持ちもあり。

でも何より、決め手は、友達に「あんになら、それができるよ」と言われたことだと思います。(私のことを最初に「あん」と呼んでくれたのもその友達です)

得意とする相談は「相手のお気持ち」と「相性」
編集長
主にメール鑑定やオンライン鑑定をされていますが、お客様はどのような方が多いですか?
あん茉莉安先生
お客様は、年齢層で言えば25~60歳くらいのお客様が多い……あれっ、随分幅広いですね。

口に出してみると思ったより幅広い年齢層の方にいらしていただいているようです。

特別どこの年齢層が多いということはないかな。

編集長
よく相談される悩みは何でしょうか?得意とする相談を教えてください。
あん茉莉安先生
よく相談される悩みは、数で言えば一番多いのが不倫です。

鑑定内容に制限がなく、一般論で「不倫はダメ」のような否定のしかたをしていないせいもあると思います。

不倫であるか、既婚か未婚かを問わず、「相手のお気持ち」を聞かれる方も多いですね。

タロットは人の気持ちにとても敏感なので、相手が自分をどう思っているのか?ということを聞くにはとても適しているためでしょう。

あん茉莉安先生
「相手のお気持ち」に関しては、恋愛以外の場面でも同様です。

例えば職場の人間関係において、先輩が自分のことをどう思っているのか?といったようなことを聞かれることもよくあります。

色々と聞かれますが、得意とする相談は「相手のお気持ち」と、「相性」の鑑定です。

1年後2年後、役に立ったと思ってもらえるような鑑定
編集長
鑑定では、「愛のある鑑定を心がけている」とのことですが、具体的にどのようにアドバイスしていますか?
あん茉莉安先生
もちろん占いの結果は、カードから伝わる言葉を噛み砕いてお話することにはなりますが、それとは別に依頼者さまのお気持ちを丁寧に受け止めることを重視しています。

といっても、変にオブラートに包んでお話をすると、かえって依頼者さまの現実がこじれてしまうことが多いので、伝え方を考えつつ、ダメなものはダメと言ってしまいます。

(実はこれ、口コミで★1とか2とかを付けられる原因そのもので、私の鑑定、図星を指すからこそ依頼者さまが気分を害してしまわれることもあります)

あん茉莉安先生
ただし、必ず、同時にどうしたらいいかをお伝えします

恋愛でも仕事でも、改善点があるものであれば改善点を必ず鑑定します。

こうしたらいい方向にいきますよ、ということを見ていきますね。

編集長
もし、鑑定で良くない結果が出てしまったら、どのように伝えますか?
あん茉莉安先生
その方にとって絶望的な恋愛や、ご本人のためにならない恋愛であれば、別の恋愛の可能性や出会いのポイントについてお伝えします。

ただダメなだけでは終わらないこと

また目の前の安心のためだけに、役に立たないことを言わないように。

今、鑑定を受けた時に依頼者さまが辛い気持ちになるかもしれませんが、1年後2年後になって役に立ったと思っていただけるよう、頑張っています。

占い師になって苦労したこと、嬉しかったこと
編集長
占い師になって、苦労したことは何でしょうか?
あん茉莉安先生
正直、今も昔も、お客様にとって辛いことを言う時が一番苦労しています。

私にできることは伝え方と言葉を選ぶことだけで、しかも、どう頑張って伝えたとしても、内容に辛さを感じられることには違いないでしょう。

優しい顔だけをしたい、でも心を鬼にする。それが一番大変です。

今も毎回の鑑定が、優しいことだけを言いたい自分との戦いです。

編集長
反対に、占い師になって嬉しかったことについて教えてください。
あん茉莉安先生
さきほどの質問のところでも少し触れましたが、私は結構、ダメなものをダメと言いますので、厳しい口コミをいただくこともありまして、例えば電話占いやチャット占いだと、★5つのうち1つとか3つの評価を残していかれる依頼者様もおられるんですね。

こちらもさすがに、二度と依頼してはいただけないかな、と思います。

ただそういった依頼者さまの中には、3カ月4カ月してリピーターとして訪れ、また鑑定結果を聞いてくださる方が必ず一定数いらして、大抵は以前の鑑定には触れられないんですけれども(笑)、中には、前の鑑定で結果が悪くて、感情的になって口コミを厳しくしてしまったけれど、先生の言ったとおりになってしまって、また来たんです、と仰ってくださる方もおられます。

それがとても毎回、どうやらお役に立てたようだとほっとするし、嬉しくも感じる瞬間ですね。

あん茉莉安先生
また、占いでは1年2年先に言及することもあります。復縁占いなどに多いです。

正直復縁は時間がかかることが普通なので、そんなに先なんですか……とがっかりされる方がほとんどですが、鑑定から1年半も経ってから、「彼と復縁できました!」というお声を聞くこともあり、大変嬉しく思います。

編集長
これまで鑑定してきた中で、一番印象的だったエピソードを教えていただけますか?
あん茉莉安先生
それはね……とお伝えしたいところですが、正規の鑑定についてエピソードとしてお話することはできないので、ちょっと、お金のお支払いが発生しなかったという、特殊なケースをご紹介しますね。
あん茉莉安先生
だいぶ前のことですが、非通知の電話で、リピーターさんからご紹介を受けたということで女性から電話がかかってくるんです。

こちらは、電話鑑定は規定の窓口がありますし、通常の電話口では鑑定を受け付けていないのですが、切羽詰まっていてどうしても今と仰る。

ご相談のカテゴリーとしては育児にあたると思うのですが、確かに内容を伺うと切羽詰まっているのでお話をお伺いし、回答を導きまして、電話を切らせていただいたのです。

一応、お支払いについてお伝えしたのですが、以後その方からのご連絡はありませんでしたね。

私もそんな気はしていたんです。

お話した時、なんとなく、この世のモノではないような、そんな感じがしていたので……といっても私、霊を見るとかそういう体質ではないんですが、ご相談の内容も普通では考えられないというか、結構突拍子もなかったんですよ。

で、それから数ヶ月の後になって、また別の男性の方から非通知の通話で、やはりそれも紹介だと言って電話をしてきて、先生なら助けてくださるって聞いたって言うんです。

こちらは「????」疑問符だらけですが、内容もまた育児関係で、ちょっと突拍子もない。

しかしできるだけのご相談をお聞きしまして、本当に先生に相談してよかった、これで全てわかった……と感謝の言葉をお伝えくださったものの、やはり最終的には同じオチになりました。

つまりただ働きになったわけですが(笑)どこの世で私の口コミが広がっているのだろうと不安になりましたね。

そんなこともあって現在は電話鑑定に関して予約制を導入しましたので、非通知の通話からのご依頼は承っておりません。

占いは底知れない知識の泉、学びが絶えないところが魅力
編集長
尊敬する占い師さんはいますか?
あん茉莉安先生
僭越ながら弦エニシ先生を。

私が二度目に手に取ったタロットカード(まだ子どもの頃でしたが)を監修されておられた先生でした。

解説書もわかりやすく、どれほど学ばせていただいたかわかりません。

足元にも及ばないですが限りない感謝を持ち続けています。

編集長
生まれ変わるとしたら、また占い師になりたいですか?
あん茉莉安先生
そうですね、なりたいです。

人は生きる限り悩みとは無縁でいられないもの

占い師はそこに寄り添うことのできる職業の1つだと思うからです。

もちろん、どんな仕事でも従事していれば人のお役には立てると思いますが、どうやら私は性質上、直接お悩みを聞くことに向いているようなので。

お話をしていただいて楽になったと言われることでこちらも、よかった!と思えます。

まあ、生まれ変わった後にその素質があればですが、もう嫌だ!とは思いませんね。

編集長
先生にとって占いとは何でしょうか?
あん茉莉安先生
占いの効果や役割というところから離れて、個人的な側面から言えば、底知れない知識の泉になっているというところですね。

タロットの場合、絵柄の意味から暗示するもの、またタロットにもつながるところのある、四元素や五大元素といった、西洋東洋の思想面。

こうした思想は古代史をはじめとする歴史、神話伝説といった文化的素地にも影響を与えていて、果てはユングなど心理学にもつながりを持っています。

さらに、インスピレーションを突き詰めると宇宙とのつながりや、チャクラ、パワーストーンといったものにもつながり、これらのどれもが新しい知識をもたらしてくれる

学びが絶えるところがないんですね。

それがもの凄く魅力だと思います。

編集長
先生の座右の銘を教えてください。
あん茉莉安先生
座右の銘にしているのは「上善如水」です。

お酒みたいですが、この言葉の根底には「善にも上善と下善がある」という、古典中国の考え方があります。

どちらも、良いことには変わりありませんが、下善というのは、わかりやすく言うと見返りを求める。

上善は見返りのことを考えない善です。

何なら、自分が良いことをしているという意識すらない善、ということになります。

如水(水のごとし)というのは、良いという意識もないから、それが実に自然に行われるし、水のように下に下に流れる。

人の風下に立ち不満を抱かず、地位を望まず、かつ水のように柔軟に

言い方を変えれば上昇志向がないのですが(笑)占い師というのは古来地位の低いものでして、それで良いのだと思っています。

インタビューを見ている方へメッセージ
あん茉莉安先生
これを読まれているということは、占いのご利用を検討中ということなのかもしれませんが、占いはあくまでも使うものであることを忘れないでいただきたいと思います。

あなたが、あなたの人生の舵を取るために、参考にするものであって、占いが人生を左右するものではありません。

ただ、今、自分がどうしたいかさえも、わからないことってありますよね。

占いはそんな潜在的な自分の意志を知りたい時にも、役に立ちます。

あるいは、自分で「こうなりたい」と思っているけれど、それがあくまでも表面的な意地に過ぎず、心の奥底では全然別の望みを持っている、というケースもあります。

占い師に愚痴を言ってもいいし、辛い心の内を、きつい言葉でぶちまけても構いません。

何をどう言ったらいいかわからないという時、整理されていなくても大丈夫です。

一人でモヤモヤし続けるのではなく、気軽に声をかけてみてください。

きっとお役に立てることがあるのではないかと思います。

私はどこかの専属ではなく、フリーランスの占い師なので、色々なところに登場します。

鑑定場所はホームページやTwitterでご案内しております。

またパワーストーンのショップも運営していますので、ぜひのぞいてみてくださいね。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

\タロット占い「しおさい堂」/
あん茉莉安先生の鑑定詳細

鑑定料 【メール鑑定】
詳細鑑定:3,000円
簡易鑑定:1,000円
依頼窓口はこちら

※ココナラ、または鑑定依頼フォームから依頼可能

【チャット鑑定】
4,000円/45分間+α
(60分手前で自動ログアウト)
依頼窓口はこちら

※ウラナッテ、ウラーラ、LINEトーク占いでも依頼可能

【電話鑑定】
220円/1分
依頼窓口はこちら

HP https://uranai-siosaido.amebaownd.com/

パワーストーンショップ「MagicStone」
https://siosaido.thebase.in/

ブログ https://www.siosaido.com/

https://ameblo.jp/siosaido/

SNS Twitter Facebook Instagram

あん茉莉安先生に占って貰う

-地域

Copyright© 電話占い当たるおすすめランキングTOP10!調査結果を大公開! , 2021 All Rights Reserved.